設計事務所の業務とは


設計事務所がどんな仕事をしているかというと、

 

○施主家族の想いと専門的な意見をまとめあげ、建物を計画する → 基本設計業務

○計画した建物の内容が施工者に伝わるよう図面や補足説明を作成 → 実施設計業務

○法令や構造などを専門的な立場から計画し役所からの許可を得る → 申請業務

○施主に代わって施工者の工事内容や使用材料をチェックしたり、予定と変わる場合に正しい指示を行う → 監理業務

 

これらが主な内容です。

いずれも、設計事務所のみが行える仕事ですが、施主側の立場に立ち施工会社との打合せや意思疎通を行う重要な役割を担っています。

 

下記にもう少し詳しい説明を記載します。

 

基本設計業務

(建物を建てるための基本となる方向性を決める作業です。)

お施主様と打合せを重ね様々な条件や要望から練り上げたプランを図面という形にする作業です。

 

 意匠デザインとしては、敷地環境やお施主様の要望を私の経験と知識により具体的な形にしていきます。まずは、お施主様ご家族みなさんの人柄や普段の生活などを知ることから始めています。様々なコミュニケーションを重ねる中で転がっているヒントを拾い上げそこから建物という形に具体化していく作業とも言えます。

 始めの段階ではスケッチなどでご説明することもありますが、検討が進む中では模型なども使いながらご提案させていただきます。

 

 この段階では、配置・平面・立面図等や模型などを使って打合せを重ねていきます。

 

実施設計業務

(建物を建てるための詳細な情報を決定していく作業です。)

実施設計では、基本計画を基に、より具体的な詳細内容を作成し施工者に伝えるための情報として、配置図・平面図・立面図の他に矩計図や伏図・展開図・部分詳細図・建具表・設備図などの詳細図面を作成していきます。私たちが設計するということは、一般的によく目にされる間取りを作成するということではなく、立体的な整合性、構造的な安全性はもちろんのこと、仕様やディテール、どんな雰囲気の空間にしたいかなどの詳細を充分に検討し、その内容がしっかり施工者に伝わるように各部の寸法を1つ1つ書き込んだ図面を作成するということなんです。さらには、その図面通りにしっかり施工されることをチェックするのも私たち設計事務所の義務になります。

 また、建物の快適性や省エネ性についても建物ごとに設計を行い数値化してご提案させていただいております。

 

 

申請業務

(設計した建物を建築予定地に建てるための許可を得るための作業です。)

建築確認申請やそれに付随した申請業務を行います。

 

建築確認申請は、施主が行政に対して申請するものなんですが、内容が複雑な為、通常設計事務所に所属する建築士が専門的な立場からこれを施主に変わって行う形がとられています。

 

 

監理業務

(設計した建物が、設計図の通りにしっかり工事が行われているかをチェックする作業です。)

施工会社が行う「管理業務」とは現場での作業の支持や段取り等の業務を指しますが、私たちが行う「設計監理」とは先に説明した基本設計・実施設計の内容に基づき設計図書の通りにしっかり施工が行われているかどうかを責任を持ってチェックする業務です。

 

 設計業務の項目でも書いたとおり、立体的な整合性、設計意図、仕様やディテールの詳細が重要となり、図面により細かく指示することとなりますし、特に構造や断熱に関連する内容は指定された施工方法を守ることが大切です。そのため、その内容がしっかり施工者に伝わっているか、工事が行われているか、工事方法は正しいかを確認することがとても重要となりますし、変更する場合にはどのような方法・種類を選択するのかを専門的な立場から判断していきます。

 さらに、監理した内容をお施主様に定期的にご報告いたします。

設計及び設計監理費

 

~決して高くない設計・監理費~

 設計事務所に依頼するということは、余計な費用がかかるように思われますが、それは間違い。どのような会社でも諸経費として設計費や労務費などがかかってきます。
確かなのは、工事費や設計・監理費なども含めた全体的な費用で比較するということ。

 

 ちなみに、設計・監理費はどのくらいかと言うと、設計する建物の規模や複雑さにより増減しますが、住宅の新築の場合、通常は建築工事費の10%程が設計・監理費となるケースが多いです(一般的な規模の住宅ですと、坪当たり60,000円程が目安になるかと思います。)。詳しくは、お問合せいただければ設計・監理費の見積り明細を提出させていただき内容を説明させていただきます。


 
 ご提案の際には、建築工事の概算費用も参考としてご案内させていただきますので、設計監理費も含めたトータルの費用としてご判断ください。